ハムスターを飼う

ハムスター 餌の量と与える時間帯は?

この記事ではハムスターに与える餌(ご飯)の量と餌を与える時間帯(タイミング)について、考察していきます。

この記事を読んでいる方は現状目分量で餌を与えている方が多いでしょうが、個人的な感覚から言うと太ってしまう傾向にあったりしますので、餌を与える分量の基準値を設けた方が良いと考えています。

 

ハムスターに与える餌の量は?

ハムスターに与える餌の量について紹介します。

一日にハムスターに与える餌の量は、「体重の5%~10%」です。

つまり、体重40gのジャンガリアンハムスターに体重の10%の餌を与えるのであれば、40×10%なので、「4g」の餌を一日に与えるということです。

多くの飼育書でも上記記述がされていますし、私自身もこの分量で与えていますが、ハムスターは健康に育っています。

注意点としては、下記の通りです。

この分量ですが、ペレット+野菜などの副食といった餌のバランスでの目安なので、種子などの脂肪分の多い副食を与える場合は想定していませんし、そういった嗜好性の高い副食は毎日与えるべきではないです。

また、繰り返しになりますが、一日に与える餌量です例えば一日数回に分けて食事を与える場合でもこの値を超過しないようにしてください。

先ほどの40gのジャンガリアンハムスターを例とすると

  • 1日1回餌を与えるのであれば、1回に与える餌量は「4g」
  • 1日2回餌を与えるのであれば、1回に与える餌量は「2g」

といった具合に調整してください。

 

 

ハムスターに餌を時間帯は何時がいい?

夜行性のハムスターですので、活動が活発になる夕方~夜の時間帯に餌を与えるが良いです。

場合によっては、2回に分けて餌を与えても良いでしょう。

一度にあまり食事を取らないハムスターもいます。

特に生野菜などの鮮度が命というような餌を与えている場合には、衛生面などを考えると無理に一度に餌を提供するよりは、2回に分ける方がメリットがある場合もあります。

餌を1日2回に分けて与えてる場合には、上記で紹介した分量を守るようにしましょう。

夜間帯に比べれば食事量は劣ることが多いですが、日中帯でもハムスターは餌を食べに起きてきます。

 

 

 

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ
アンケート
当サイトについてのアンケートです。より皆さまに愛されてるサイトにすべく、皆さんのご意見をお聞かせください。 アンケートにご協力ください
RELATED POST