スマート家電

スマート家電リモコンとGoogleアシスタント連携させる

ここまで、AlexaとSiriをスマート家電リモコンと連携させてきました。3つ目はGoogleアシスタントです。Android端末を使っているユーザーであれば、Google Home(Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー)を使わずとも制御できるので便利です。

この記事ではスマート家電リモコンとGoogleアシスタントを利用して、音声で家電を制御する方法を紹介します。

GoogleアシスタントというとGoogle Homeを連想させますが、Android端末でもGoogle Homeと似たようなことができます。Android端末なら設定次第ですが、ロック画面であっても「OK Google」というウェイクワードでGoogleアシスタントを呼び出せます。

※「デフォルトアプリ」の設定の次第でAlexaを呼び出せますが、ウェイクワードが使えず、ホームボタン長押しで呼ぶところまでしかできません。

 

 

スマート家電リモコンとGoogleアシスタントを連携させることでできるようになる操作

例えば「OK Google 照明を消して」と言えば照明の操作ができるようになります。Google Homeはもちろんのこと、Android端末でも同様に動作し制限は無いです。

Googleアシスタントで受け付けた音声に従い、スマート家電リモコンの操作を操作できます。

あとで紹介しますが、Android端末も「OK Google」で呼び出して家電操作できます。

 

スマート家電リモコンとGoogleアシスタントを連携させる流れ

スマート家電リモコンとGoogleアシスタント両方で設定がします。Alexaの時とほぼ同様ですが、下記2点を設定していきます。

  • スマート家電リモコンでGoogleアシスタント連携させる家電を設定
  • Google Homeアプリでスマート家電リモコンのスキルを追加

 

 

スマート家電リモコンにGoogle アシスタントを設定する

まずはスマート家電リモコン側の設定します。そのあと、Google アシスタント側の設定です。

早速、スマート家電リモコンのアプリを起動して、Googleアシスタントと連携できるよう設定していきます。

※下記手順では紹介しておりませんが、ログイン情報(メールアドレス、パスワード)などの入力が求められた場合があります

  • スマート家電リモコンのアプリから「Google アシスタントの設定」をタップします
  • 「スマートホーム(Direct Actions)」の方をタップします
  • 「+」をタップして、家電を追加します
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携1
  • 該当の家電(照明)をタップします
  • 変更の必要があれば名前を変更します。私の利用している照明ではそのほかに設定変更はできませんので、「OK」をタップします
  • 新たに追加した家電(照明)が追加されていることを確認して「登録」をタップします
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携2

ここまでの作業でスマート家電リモコン側の設定は終わりです。

 

 

Googleアシスタントでスマート家電リモコンをリンクする

続いてはGoogleアシスタントの設定をして、音声で家電を操作できるようにしていきます。

  • スマートフォンのホームボタン長押しして、Googleアシスタント呼び出し、「コンパス」っぽいアイコンをタップします
  • 画面右上のアカウントのアイコンをタップし、メニューから「設定」をタップします
  • 「アシスタント」をタップし、そこから「スマートホーム」を探しタップします
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携3
  • タブが「デバイス」になっていることを確認し、「+」をタップします
  • 画面上の検索ウィンドウで「家電」と検索して、「家電リモコンスマートホーム」をタップします
  • スマート家電コントローラの登録画面に遷移します。スマート家電リモコンのメールアドレス、パスワードを入力して、「登録」をタップします。※Googleのアカウントではないので注意してください
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携4
  • スマート家電リモコンで設定した家電が表示されることを確認します。部屋の割り当ては任意です。部屋の割り当てを行う場合は、ペンのアイコンをタップします
  • 割り当てる部屋をタップします (部屋の割り当てを行う場合のみ実施)
  • すべての家電の部屋の割り当てを終えたら「完了」をタップします (部屋の割り当てを行う場合のみ実施)
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携5
  • デバイスにスマート家電リモコンでGoogleアシスタント設定した家電が追加されていることを確認します
  • Googleアシスタントで照明の動作をテストします。「照明をつけて」、「照明を消して」という音声に従い、照明が動作するか確認しましょう
スマート家電リモコン Googleアシスタント連携6

これでGoogleアシスタントの設定も完了です。

Android端末でより便利にGoogleアシスタントを使いたい方は以降も読んでみてください。

 

Android端末でより便利にGoogleアシスタントを使う

GoogleアシスタントをAndroid端末から呼び出す選択肢は一般的に下記でしょう。

  • ホームボタンを長押しする
  • Google Homeアプリを起動する
  • ウェイクワード(OK Google)で呼び出す

「楽する」という観点では、ウェイクワード or 長押しが良いですね。なぜウェイクワードが便利かというと、スマホ弄っている状態であれば、Googleアシスタント呼ぶ必要性があまりなくて、スマホでGoogleアシスタント使う時って、寝る時や寝起きとかちょっと離れた場所にスマホある場合ですからね。

Android端末でより便利にGoogleアシスタントを使う設定

無理に行う必要はないですが、これから紹介する設定をすることでロック画面からでもGoogleアシスタントを使うことができるようになります。

  • スマートフォンのホームボタン長押しして、Googleアシスタント呼び出します。
  • 下記のアイコンをタップします
Googleアシスタント設定1
  • 画面右上のアカウントのアイコンをタップします
  • メニューから「設定」をタップします
Googleアシスタント設定2
  • 設定画面に遷移したら、「アシスタント」タップします
Googleアシスタント設定3
  • 下の方にスクロールし、アシスタント デバイスの中の「スマートフォン」をタップします
Googleアシスタント設定4
  • Voice Matchでハンズフリー操作の「Voice Matchでアクセス」および「ロック画面でのアカウントに基づく..」が有効化されていることを確認します(もし有効化されていないようであれば、有効化します)
Googleアシスタント設定5

これでAndroid端末から音声で家電がコントロールできるようになっているはずです。Google Homeがなくてもそれっぽくできます。

 

 

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ

ハムスターの飼育グッズを購入するなら、楽天がおすすめです。Amazonよりも安く購入できるケースが多いです。

ハムスター飼育用品を楽天で買う理由【メリットが多い】楽天でハムスター飼育用品を買うことをおすすめします。 私はハムスターを飼い始めてからほぼ楽天で購入しています。「えっ、楽天ってシャ...

 

Amazonと楽天でハムスター用品を検索するならこちらから。Amazonは小動物カテゴリー、楽天はハムスターカテゴリーのページに遷移します。

Amazon楽天市場