ハムスターを飼い始める

ハムスターを飼うための準備 必要となるものを揃えよう

はじめてハムスターを飼う方は、ハムスターを飼うために何を準備したら良いか分からないですよね。

この記事ではペットとしてハムスターを迎え入れるために必要になるハムスター飼育用品とそれらを選ぶポイントを紹介していきます

 

目次

ハムスターを飼うための準備 必要になるものとは?

それでは必要になる飼育用品とどう使うのはを以降で紹介します。

ハムスターを飼うために必要になる飼育用品一覧

下記がハムスターを迎え入れるために必要になるものです。ハムスターを飼うにもいろいろな物が必要になります。もちろん、家にある物で代用できるような飼育用品もあります。

下記価格帯はジャンガリアンハムスターを想定した参考価格です。ネットでうまく買えば、「必須」でないものを除き、1,0000円程度で一式揃います。

必要になるもの説明価格帯必要性
①ケージハムスターの生活空間。ハムスターは基本的にはケージの中で生活する1,500円~
※選ぶケージによって価格はかなり変わる
必須
②床材ケージの底に敷いたり、巣箱で使うマット500円程度
※材質により容量にかなりの違いがある
必須
③巣箱(隠れ家)ハムスターが睡眠を取ったり、リラックスして過ごせるところ700円程度必須
④給水器ハムスターが給水するための容器500円程度必須
⑤餌入れ・餌ハムスターのごはんを置くところ・そこに置くごはん1,000円程度 ※餌入れ、餌の合算必須
⑥回し車ハムスターが走るところ500円~1,000円程度必須
⑦トイレ容器・トイレ砂ハムスターがオシッコする場所になる容器とそこに敷く砂500円程度 ※トイレ容器、砂の合算必須
⑧砂浴び用容器・砂浴び用砂ハムスターが体をきれいにする砂浴びすることろ・砂浴び用の砂500円程度 ※浴び砂容器、砂の合算あると良い
⑨温度計ハムスターケージ環境の温度や湿度を計測する温度計1,000円程度必須
⑩ヒーター冬場にケージを温めるヒーター2,000~3,000円程度あると良い
⑪スケールハムスターの体重を図るスケール1,000円程度必須
⑫キャリーケースハムスターを運んだり、ケージを掃除する時に居てもらう場所300~1,500円程度必須

飼育用品は基本的にケージの中にセッティングする

上記一覧をもう一度ご覧ください。

①ケージ:ハムスターの生活空間。ハムスターは基本的にはケージの中で生活する。

繰り返しになりますが、ハムスターは基本的にケージの中で生活します。ケージの掃除や散歩、健康状態の確認、怪我や病気の際は投薬などにより、ケージの外に一時的に出すことはありますが、ほぼほぼケージで生活します。

なので、ハムスターの寝床になる巣箱や飲食のための餌や水、トイレなどケージの中になければなりません。

具体的には下記がケージの中に入れる必要がある飼育用品です。

「①ケージ」の中に入れるべき飼育用品
  • ②床材
  • ③巣箱(隠れ家)
  • ④給水器
  • ⑤餌入れ・餌
  • ⑥回し車
  • ⑦トイレ容器・トイレ砂
  • ⑧砂浴び用容器・砂浴び用砂

参考までに我が家のケージの中です。このケージでは「⑧砂浴び容器・砂浴び用砂」は入れてませんが、もし、入れることになれば左端の空いている部分に入れると思います。

ケージに飼育用品をセッティングする

 

この他の飼育用品は基本的にはケージにはセッティングしません。

ヒーターや温度計は使い方や商品によってはケージの中に取り付けることも可能ですが、ここでは省略します。

 

ここまでで簡単な飼育グッズの役割とケージのセッティングについて紹介しました。以降では各飼育用品の詳細と選び方などについて説明をしていきます。

もし、選び方などの説明は不要で、おすすめ商品が知りたいという方は下記を見た方が早いです。

【初心者におすすめ】ジャンガリアンハムスター 飼育グッズはこれ【本当に必要な10のアイテム】この記事ではジャンガリアンハムスターを前提におすすめの飼育用品の一式を紹介します。 ジャンガリアンハムスターを飼う上で、必要になる...

 

 

①ケージ

ハムスターの生活空間になるケージですが、色々な物が商品として売られています。また、ハムスター用のケージとして販売しているもの以外にも、爬虫類ケージや多目的な生き物を飼う容器、衣装ケースを代用したり、DIYしておしゃれにしたり、ケージの選択肢は様々です。

気にしてほしいのは、ハムスターはその生涯をほぼケージの中で過ごすことになります。慎重に選んだ方が間違いなく良いです

住まい選びのポイント①広さ

まずは、広さです。ハムスターは小さいですが、あまりにも狭い空間だとストレスに感じます。一般的にジャンガリアンハムスターの場合、ケージサイズは下記のサイズ以上あると良いと言われることが多いです。

幅:35cm以上、奥行き:25cm以上、高さ:20cm以上

実際に飼育していても、上記より気持ちもう少し広いくらいのサイズ感があれば問題無いといえます。

住まい選びのポイント②ケージ内に怪我をするポイントがないか

ケージの底は「フラット」であることがベストです。突起物があったりするとハムスターが齧ったり、怪我する可能性があるので。

また、鉄格子のようなワイヤーケージはハムスターが上まで登ってしまったり、齧ったりするので、怪我の原因になりかねませんので、私は利用しません。

噛んだりするのは「飼い方」の問題なのかもしれませんが、そもそもそういったリスクがあるものは避けた方が良いよね。

 

住まい選びのポイント③ハムスターを鑑賞しやすいか

ハムスターは基本的にケージで生活をするとお伝えしました。もちろん、ケージの外で遊ばせる選択肢もありますが、長時間ケージの外にハムスターを出すのは賢明ではありません

ハムスターを飼う目的の一つに「見て楽しむ」という要素も含まれているはずです。ということは、ハムスターの鑑賞のしやすさもケージ選びのポイントになるはずです。

私は色のついたケージは好みません。なぜならハムスターが鑑賞しにくいからです。そうなると選択肢としては、透明な「ガラス」、「プラスティック」、「アクリル」等のキーワードが選定ポイントになってきます。

ケージ越しのハムスター

 

こちらの記事も参考してケージを選んでみてください。

ハムスターケージの選び方適当なケージを選んでしまうとハムスターが怪我をしたり、ストレスを感じてしまいます。 また、ハムスターだけではなく、人間にとってもス...
ハムスターケージを徹底比較 おすすめは?!ハムスターの飼育用品・グッズで一番難しいのがケージ選びではないでしょうか? ハムスターの飼育グッズの中では価格も高いですし、せっか...

 

 

②床材

床材で寝るハムスター

ケージの底に敷くハムスターにとっていわば、「地面」のような役割をしたり、巣箱でベットメイクにも利用するのが床材です。巣箱で利用するものは巣材としてテイストの違うものを用意することもできます。(巣材として選んだものをハムスターが気に入れば)

こちらも選択肢が非常に多いアイテムです。市販で売り出している床材・巣材としては、「ウッドチップ」、「ペーパーチップ」、「牧草」などがあり、代用品として、「新聞紙」、「キッチンペーパー」などを利用している人もいます。

大体の人は「ウッドチップ」、「ペーパーチップ」を利用します。

床材選びのポイント①安全性

ウッドチップにありがちなのですが、鋭利な「木片」のようなものが混入していたりする場合があるので、品質の良さそうなものを買ってみることが重要です。また、購入したウッドチップはハムスターをケージに入れる前に確認しておいた方が良いでしょう。

また、ペーパーチップだからといって安心できるわけではありません。確かに品質としては一定的な物が多いですが、ウッドチップ同様、ケージにハムスターを入れる前に馴らしがてらに確認をした方が良いでしょう。

床材選びのポイント②粉塵・アレルギー

床材は割と粉塵が舞いますので、少ないと評価のあるものを選ぶと良いでしょう

ハムスターにとってもそうですが、飼い主的(人間的)にも粉塵が舞うのはNGな方はいるでしょう。その点も注意した方が良いです。

また、ペーパーチップの方が低アレルゲンという事を謳っている商品も多いです。わざわざアレルギーが懸念される商品を選ぶ必要がないという方はそういった商品を選んでも良いでしょう。

床材選びのポイント③健康状態のチェックのしやすさ

白いペーパーチップは健康状態のチェックが容易です。どういうチェックが容易かというと、「出血」、「軟便、下痢」などです。つまり着色が分かりやすいということですね。トイレを覚えさせる過程で、ちゃんとおしっこをトイレでしているかという確認もしやすいです。

白い床材でなくとも、明るめな床材の方が健康状態はチェックしやすいです。

 

こちらの記事も参考して床材を選んでみてください。

ハムスターの床材を比較!おすすめは?今回は、私が今まで使ってきた「ハムスターの床材」を比較します。 床材(チップと言った方がわかりやすいかもしれませんが)ハムスターの...

 

 

③巣箱

巣箱からハムスター

ハムスターが安らぐ場所が巣箱になります。余談ですが、ハムスターは巣箱で過ごす時間が長いので、飼う前にはそういうものだと理解した方が良いですよ。

巣箱として市販されている素材は大きく3つではないでしょうか。

「陶器製」、「木製」、「プラスチック(アクリル)製」

このほかにも様々な材質の物が売られていますが、まずは上記の材質のものから選ぶことをおすすめします。

巣箱選びのポイント①広さ

ハムスターは狭いところが好きです。ですが、狭すぎるのも良いないので、ある程度ゆとりあるサイズのものを選んでおくと良いでしょう

特にお迎えしたばかりの子ハムサイズで巣箱を検討すると狭くなるかも。当然ハムスターも成長していきますので、そのあたりを見越したものを選んでおくと良いです。

巣箱選びのポイント②衛生面

特に木製の飼育用品は汚れてくると不衛生なので、消耗品と捉えた方が良いでしょう。

また、巣箱でおしっこをしてしまったり、定期的に巣箱をお掃除することを想定すると底が無いものの方が楽です。

私も木製の巣箱を使っていますが、割り切って利用しています。

巣箱選びのポイント③安全性

ハムスターの飼育用品は低価格なものが多く、そのためなのか稀にバリがあったりします。購入してみないと分からない点もありますが、バリがあった場合、取り除いてあげた方が良いです。

もちろん、木製なので「アレルギー」に気を付けるのであれば、木の材質が広葉樹のものを選んだり、木製の巣箱は避けるべきです。

 

こちらの記事も参考して巣箱を選んでみてください。

ハムスター 巣箱 選び方 おすすめはどれ?!
ハムスター 巣箱 選び方 おすすめはどれ?!巣箱はハムスターにとって、家のような位置付けです。我々人間も家はとても落ち着ける場所ですよね?ハムスターにとっても巣箱も同じです。 ...

 

 

④給水器

水を飲むハムスター

ハムスターが水分を取るために必要になるのが、給水器です。水を汲んだ小皿をケージに置いても飲んでくれますが、床材が入ってしまったり、ハムスターが体を入れてしまい濡れるなど良くないことが起きますので、ケージに設置できる給水器を利用することをおすすめします。

給水ボトルの取り付け方法はいくつかのパターンがあります。

  • 給水器をワイヤーケージに取り付ける
  • 吸盤やテープ留め可能な給水器を利用して、プラスチックやガラスのケージに取り付ける
  • 床置きタイプの給水器を利用する
  • ケージに取り付け可能な給水器を利用する
  • ケージから給水器を吊り下げて利用する

「それぞれの環境にあった給水器を利用すれば良いだけ」なのですが、それぞれの注意点を下記に記載します。

給水器をワイヤーケージに取り付ける場合の注意点

ワイヤーケージを使っている方はこのタイプが定番ではないでしょうか。

給水器を購入する前にボトルのホルダーがワイヤーケージに取り付けられるか確認した方が良いでしょう。

多くの給水器をワイヤーケージに取り付けることはできますが、念のためです。

例えば、下記のような商品であれば取り付けることができますので、商品説明をしっかりと読んで選ぶようにしましょう。

※下記商品の使い勝手についておすすめしている訳ではありません。商品画像が分かりやすいため利用しました。

吸盤やテープ留め可能な給水器を利用する場合の注意点

個人的には水槽やプラケース方にはこのタイプがおすすめです。

下記のように吸盤、もしくはテープで給水器を固定します。

吸盤固定の給水器

 

選ぶ際に注意した点は、吸盤の位置がハムスターが噛める位置にあると齧られやすいので注意が必要です。

ハムスターが齧ることによって、どんどん吸盤の面積が減っていきます。

また、吸盤やテープで給水器を固定するタイプのものは、「吸着の劣化」が懸念の1つです。使用していくうちに安定感に欠け、吸水ボトルが落下する可能性がありますので、劣化が疑われる場合は交換しましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。

ハムスターを水槽で飼うと良い給水器が見つかりづらい水槽をケージ代わりに使ってハムスターを飼っていてちょっと悩むところがあるとするならば、給水器かもしれません。 この記事では水槽に使...

給水器を床置きする場合の注意点

床置きタイプのものは、吸水ノズル位置を調整できないものもあるので注意しましょう。

また、ハムスターがケージ内で動きまわると倒れてくる可能性もあります。

倒れてしまうと当然ですが、「ハムスターが水を飲めない」、「水が漏れてしまう」などのリスクがありますので、床置きタイプの給水器を検討している方は、土台の安定性も重要視して商品を選らぶようにしましょう。

そして、当然ですが、床置きする分ケージのスペースが狭くなります。

ハッピーサーバー設置ハッピーサーバーという置き型の給水器

 

詳細はハッピーサーバーのレビュー記事をご覧ください。

ハッピーサーバー
ハムスター 給水器 ハッピーサーバー レビューハムスター用の給水器 「ハッピーサーバー」は、陶器製で、ケージ内のどこにでも置ける床置きタイプの給水器です。 今回はハッピーサーバ...

また、ハリネズミ用などで売られている飲み口が「ノズルになっていない」置き型の給水器はおすすめしません。

なぜなら、ハムスターが手を入れてしまったり、床材が入り込んでしまうからです。

飲み口がノズルになっていないものは非推奨

ケージ専用の給水器を利用する場合の注意

これは何を示しているかというと、例えば、「ルーミィ」というケージであれば、「ホイールジョイント」というアタッチメントを取り付けることができ、そこに「マルチボトル」という給水器を取り付けることができます。

同じメーカーの製品を利用する事ならではの親和性ですが、ケージを変えたら使えなくなりますので、注意しましょう。

画像はルーミィシリーズで利用可能な「ホイールジョイント」に「マルチボトル」という給水器を取り付けた様子です。

ルーミィに取り付けたマルチボトル80

ルーミィの給水器について

ルーミィシリーズの給水器について私は今4匹のジャンガリアンハムスターを飼っていますが、そのうち3匹のケージとしてルーミィシリーズを利用しているルーミィ愛好家です。※もう...

ケージから給水器を吊り下げて利用する場合の注意点

天井部分がワイヤーになっているケージは、給水器についてくる針金で吊るして利用することができます。

私はこのやり方をしてきたことが無いので、確実なことは言えないですが、良い感じに給水器を吊るしてあげないとハムスターが飲みづらいのではないかと考えます。

 

ちなみに「給水器のみで「水」に掛かるお金については触れてないじゃないか」とお思いの方もいるでしょう。

ハムスターに与える水は水道水で問題ないです。逆にミネラルウォーターは推奨されません。

詳細はこちらをごらんください。

ハムスター 水道水を飲み水としても大丈夫か?
ハムスター 水道水を飲み水としても大丈夫か?ハムスターの飲み水について、初めてハムスターを飼う方からすると水道水で良いのかちょっと悩みますよね?私も初めてハムスターを飼った時、「ど...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑤餌入れ・餌

餌入れと餌についてそれぞれ紹介します。

餌入れについて

ハムスターのご飯を置くところです。ハムスター用の餌入れというものも売っていますが、100均で代用品を利用している人も多いです。

ポイントとしては、浅すぎず、深すぎない小皿のようなものがあれば良いでしょう。材質は陶器のような若干重い材質の方がご飯をひっくり返されないので、安定します

生野菜などをあげる場合、ペレットなどと違う餌入れを用意することをおすすめします。

ペレットと生野菜は別の餌入れで提供

 

餌について

主食はペレットです。良く言われているハムスターに必要な栄養価は下記です。

  • 粗タンパク:18%
  • 粗脂肪:5%
  • 粗繊維:5%

成長期のハムスターであれば、もう少し粗タンパク質や粗脂肪は多めのペレットを選ぶ飼い主も多いです。

ペレットの選び方はこちらを参考にしてみてください。

ハムスターのペレット5つ選び方ペレットを選ぶ5つの基準を紹介。人気、栄養素、原材料、粒の大きさ、食い付き...

餌を与える量は、体重の5%~10%と言われています。

※感覚として5%ではやや少なく感じます。

もちろん、餌を山盛り与えるでも良いと考えますが、体重の管理はしっかり行うようにしましょう。

副食としては多くは紹介しませんが、キャベツ、ニンジンなどの野菜やリンゴなどの果物などを与えることができます

ペレットについては、「どんなペレットを選ぶか?」より「食べさせる」方が難しいことが多いです。

一般的に野菜などは嗜好性が高くよく口にしてくれますが、ペレットについては中々食べてもらえず苦労することが多いです。

ハムスターを飼う前に一度下記の記事を参考にしてみてください。

ハムスターがペレットを食べない時にどうすれば良いか?今でこそ、我が家のハムスターはみんなペレットを食べてくれます。とはいえ、一番最初にハムスターをお迎えした当初は野菜やミックスフード中心に...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑥回し車

回し車とハムスター

ハムスターといえば回し車で遊んでいるイメージを持たれる方も多いはずです。そんな回し車も様々な商品が存在します。

ハムスターが回し車で走っている姿を見たことが無い方は想像が難しいでしょうが、高速に回りますし、ダイナミックで躍動感があります。そのために安全なものを選ぶように心がけることがポイントになります。

回し車選びのポイント①ホイールがはじご状でないこと

ハムスターに利用する回し車は、ホイールがはしご状のものや隙間が開いていないものを利用するようにしましょう。

ハムスターが足を踏み外して怪我をする可能性があります。

はしご状の回し車のイメージとしてはこういったものです。

回し車 はしごタイプのイメージ

 

回し車選びのポイント②音がしないタイプを選ぶ

特に回し車がガタガタをうるさいとかなりストレスに感じるでしょう。そのため、音が静かなものを選ぶと良いでしょう。

静かな回し車を購入したといってもそれだけでは安心できません。ホイールとスタンドのバランスが悪いと振動による音がうるさいです。安定したスタンドというもの静か回し車の条件です。

また、ケージに直接取り付ける場合は、ケージの設計に依存します。このケージとこの回し車の組み合わせは静かだという事例をレビュー等で見つけられたら、参考にすると良いでしょう。

回し車選びのポイント③走行のしやすいものを選ぶ

当然、ハムスターが走りやすいものを選んであげた方が良いです。様々な商品情報から良さそうな回し車を選ぶと良いでしょう。例えば、こんな観点があるでしょう。

  • ホイールの車軸が背中に当たらない
  • ハムスターが走行する際、背中が反らない
  • 走り出しやすい、止まりやすい

ジャンガリアンハムスターであれば、14~17センチあたりの回し車が良いとされているようですが、使ってみて問題ないかどうかチェックしましょう。もし危険を感じるようでしたら、ケチらず買い替えた方が良いです。

 

こちらの記事も参考して回し車を選んでみてください。

回し車比較・おすすめ
ハムスターの回し車を比較 おすすめは?!ハムスター飼育グッズの定番アイテムである回し車。価格も安くお手頃ですが、どれも同じではありません。 安全性や静音性に優れた製品ばか...
ハムスターの回し車がうるさい理由は? うるさくない回し車は?ハムスターの遊具として定番の「回し車」。ハムスターが回し車に乗って「本気」で走るその音に悩まされている方は一定数いると思います。 ...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑦トイレ容器・トイレ砂

トイレ容器、トイレ砂

トイレ容器はトイレする場所を提供します。トイレ砂はそのトイレ容器に敷く砂です。

まず、トイレの容器ですが、ある程度広い方がお手入れしやすいです。毎日のお手入れとして、汚れたトイレの砂を取り除き、補充するという作業をするのですが、狭いとスコップ等ですくい上げることが難しいです。

トイレ容器は、タッパーや容器などで代用しているケースも多いので、無理に買わなくても良いですが、トイレ容器の場合は、砂が飛び散りにくい設計になっているので、様子を見て購入してみるでも良いかなという印象です。

トイレ容器のおすすめはこちらでも紹介しています。

トイレ 容器とハムスター
【ハムスター トイレ】トイレ容器の選び方ハムスターのトイレについて書いていきます。 よくトイレの砂について言及されている記事が目にすることが多い気がしますが、今回はトイレ...

トイレ砂は、一般的には「固まらない」タイプが推奨されるケースが多いようです。私は、ハムスターを飼育した初期には「固まる」タイプを利用していましたが、切り替えています。定番の鉱物系のトイレ砂であれば、「ベントナイト」、「木粉」などが固まる成分です。

「ゼオライト」が100%のものであれば、固まらないものとして認識しておけば、良いでしょう。「変な」素材もトイレ砂は使わない方が無難といえるでしょう。

詳細はこちらでも紹介しています。

【ハムスター トイレ砂】無難に選ぶならコレ!!ハムスターのトイレの砂をどう選ぶべきか考えてみました。 トイレの砂といっても沢山の種類があり、どれを選んだらいいかわからなくなりま...

また、トイレでする排泄物は「おしっこ」だけです。「うんち」をどこでもするのは正常です。

おしっこを色んなところでしてしまうハムスターも多いです。どうしても難しい子もいますが、下記のような対処法を試すのも良いでしょう。万が一トイレを置いたけれども、うまくおしっこをしてくれない時は実践ください。

ハムスターがトイレを覚えない 【トイレを使わせるには?】ハムスターは決まった場所でオシッコをする習性があるため、比較的トイレを覚えやすい動物でしょう。 ※ウンチについてはどこでもするので...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑧砂浴び用容器・砂浴び用砂

トイレほどの必須さはないものの、ハムスターは砂浴びして体を清潔に保とうとします。余談ですが、この様子がまたかわいい( ;∀;)

トイレ用とは別に砂浴び用の砂は細かい砂を用意した方が良いです。浴び砂用の砂を用意しましょう。

また、こちらに関しては絶対に必要という訳ではありません。最初は無くても良いでしょう。

ちなみにハムスターに水やお湯のお風呂は不要です。むしろ虐待といえますので、絶対にNGです。

ハムスターは水が苦手 お風呂もいらない 【注意!!】ハムスターは水が苦手です。これは絶対に覚えておいて欲しいです。 さて、本日ツイッターを見ていたらこんな投稿がありました。 こ...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑨温度計

温度計

ハムスターにはハムスターの過ごしやすい温度というものがあります。ケージで大半を過ごすハムスターは犬や猫と違い快適な場所に自由に行き来できないので、ケージの温度には注意を払うようにしたいです。

ちなみにハムスターと人間が共に無理せず暮らせる温度を考えると私は、20~26℃くらいの範囲の室温がベストだと考えます。

【失敗しない】ハムスターを飼育する温度ハムスターの飼育する際、「温度」は重要です。人間とハムスターが快適に感じる温度は似ています。特に「夏」と「冬」は注意が必要でして、我々人...

つまり「温度管理」がハムスターを飼う上で重要です。そうなると必要になるのが温度計です。

更にいうと湿度計も付いた「温湿度計」のようなものが良く、デジタルなものが使いやすいです。

下記のようにケージにテープ留め可能な温度計もありますので、こういったものを設置するのも良いでしょう。

ケージに設置した温度計

更に便利に温度管理をしたい場合はもう少しお付き合い下さい。(興味ない方は読み飛ばして(´・ω・`) )

さらに楽に温度管理をしたいということであれば、スマホから温度や湿度を確認できるような温度センサーをケージの隣設置すると良いでしょう。「リアルタイム」な温度を確認することができるほか、過去の温度を確認できるので便利です。

どう便利か例を挙げると、下記のようなことができます。

  • 人間が眠りについた深夜帯の温度を確認
  • 想定より温度が低下していたことを把握
  • 深夜帯の防寒対策を打ち出す
スマートセンサとハムスター
ハムスター 寒さ対策 エアコンを使わない場合は温度を把握してからハムスターを飼育している方々やこれからハムスターを飼いたいという方々にエアコンを使わない寒さ対策というものが割と需要があるように思えます...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑩ヒーター

ハムスターヒーター

決して必要になるものではないですが、ケージを温めるヒーターの購入をどうするか検討した方が良いでしょう。ヒーターは消費電力はかなり低く抑えられます。

上記画像は、ケージ下に敷くタイプのヒーターです。このタイプは極端に熱くなり過ぎず、ハムスターに汚されたり、噛まれてたりしないため安心です。

ヒーターは省エネですので「良いな」と思われるかもしれませんが、おすすめできる人は温度管理を十分できる人です。

ウェブサイト、ブログなどでヒーターを利用したアイデアを紹介している人がいます。

多くはケージ内の温度の温め方のみの紹介に留まっており、温まり過ぎた時のリスクヘッジができていなかったり、ケージの中と外でどの程度温度が変わったのか不明瞭なものが多いです。

ヒーターをメインで冬を越したい方は、そういった情報をあまり鵜呑みにせず、ヒーターを使うことでケージの内の温度がどの程度上昇したか事前検証することをおすすめします。

また、実際にハムスターを入れてからも温度変化のリスクに対応できる仕組みを確立するした方が良いでしょう。

ヒーターについては、こちらでレビュー記事を参考にしてみてください。

【ハムスター ヒーター】フィルムヒーター レビュー先日、「シートヒーター」というケージを暖めるヒーターを購入しましたが、使い勝手が良かったため、使っているケージ分、ヒーターを購入すること...
【ハムスター ヒーター】シートヒーター レビュー昨年までハムスターの防寒はエアコンと湯たんぽに頼っていましたが、やはりエアコンは電気代が高く、湯たんぽも温度が一定という訳にもいかないの...

私はヒーターも持っていますが、真冬はエアコンを常時付けっぱなしにして、無難に防寒しています。その理由についても参考までに。

【ハムスターの寒さ対策】冬はエアコンを使おう明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願い致します。 本記事を作成しているのは、元旦ですが、最近いよいよ本格的...

当然のことですが、ずっとエアコンを付けていると電気代は掛かります。冬場の電気代の目安はこちらの記事を参考にしてみてください。

ハムスターとエアコンと電気代【エアコンを使うといくら掛かる?】
ハムスターとエアコンと電気代【エアコンを使うといくら掛かる?】ハムスターを飼う上で温度管理はとても大切です。がしかし、気になる電気代。エアコンを使って温度管理をするとどのくらい電気料金が掛かるのか実...

前述しましたが、ハムスターの適正温度は「20~26℃」くらいだと考えます。正直真冬は厳しいので、ヒーターに過度な期待は禁物です。

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑪スケール

ハムスターの体調管理をする上で健康的に育っているか確認するためにハムスターの体重を図ります。体重を図るといっても特別な機材が必要になるわけではなく、キッチンスケールで十分です

また、ハムスターに与える餌量を計るのにも役立ちます。

ただ、正確に体重を図るためにも、デジタル式の方がおすすめです。

ハムスターのダイエットは食事制限が効果的【便利なアイテムも紹介】ハムスターのダイエットを実践していく上で、地味だけど1つ持っているだけで超便利なアイテムが実は存在します。 飼っているハムスターの...

 

 

ハムスターを飼うための準備 ⑫キャリーケース

情報はあまり多くないですがキャリーケースは必須です

キャリーケース用途としては、ハムスターを病院に連れていく時にケージごと持っていくのが難しい時やケージを掃除している間に使うことが多いのかなと思っていますので、専用のキャリーケースでなくとも、何か安全にハムスターを運搬できるものを準備しておいてください。

もちろん、ハムスター専用のキャリーケースも売っていますが、個人的には虫かごでも良いと思っています。

選ぶポイントは下記です。

  • 透明なケースであること
    • 中にいるハムスターの様子が分かりやすいため、体調の変化に気付きやすい
  • ハムスターが脱走する、ハムスターが指を挟むなどの怪我をするリスクがなく、それでいて持ち運べるサイズのもの
    • 私はダイソーで購入した300円の虫かごを利用しています。参考までにサイズは下記です。
    • 外寸サイズ(約):幅23cm×奥行き15cm×高さ16.3cm

例えば、雨で染みこんだり、ハムスターが脱走してしまうようなリスクのある紙袋は当然代用品にはなりません。

ハムスター専用のキャリーケースには給水器なども付いていて使い勝手は良いかもしませんが、私は購入したことがありません。

ハムスターのキャリーケースはマストアイテムハムスターを飼うためにキャリーケースは必要なのか?ケージや回し車などの飼育グッズと比べると情報も少なくどうなんだろう? そう思われ...
ハムスター 虫かごハムスターと虫かご。なんの関係性もないようですが、ハムスターを飼う上で虫かごがあると便利です。 「虫かごがあると便利ってどういうこ...

 

 

ハムスターを飼うための準備 その他

ハムスターを手に持ったりすると噛まれることもあります。「ちょっと怖いな」とか思う方もいるとでしょう。

とはいえ、ハムスターをケージから出すことは、お世話をする上で避けては通れません。

そんなときは、ハムスターを移動させる専用のコップを用意すると良いでしょう。コップを横にして、その中にうまくハムスターを誘い込むようなイメージです。

高さがないコップだとすぐ出てきてしまいますので、それなり高さがあり、細すぎないコップがおすすめです。

下記でも触れていますので参考にしてみてください。

ハムスターが触れない 便利なアイテム紹介ハムスターを飼い始めた人の中には、ハムスターを手に乗せたりするのが怖いという方もいらっしゃるのではないでしょうか? ハムスターはかわい...

 

 

【参考】ハムスター飼育セットはどうなのか?

よく、「ハムスター飼育セット」という形で、すぐにお迎えできるように飼育用品が一式セットになって販売しているものを見かけます。

私もこのようなセット販売しているものを購入したことがありますが、使い続けている飼育用品はあまり多くありません。(餌箱やトイレ容器くらいかと)

自分で色々調べ、学習していく過程で取り換えてしまいました。自分自身でこだわりを持って、1つ1つの飼育用品を選定していく方が良いです。

そのため、この記事ではハムスターを飼う上で必要になるアイテムとその選び方を紹介しますが、ご自身で更に色々を調査した上で、選定していくことを推奨します。

もし、飼うハムスターの種類がジャンガリアンハムスターで、飼育用品を選ぶ時間が中々取れない方は、下記の記事も参考にしてみてください。おすすめの飼育用品を紹介しています。

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ
RELATED POST