その他

ハムスターとネズミの違いと共通点

ペットとして定番のハムスター。見た目はネズミと似ていますね。体の小ささや外見などは確かに似ています。

似ているところもありますが、そのイメージは対極であり、「ペットとして飼われ愛されるハムスター」と「害獣として憎まれることもあるネズミ」という印象をお持ちの方も多いでしょう。

では具体的にどのような違いがあるのか?

この記事ではハムスターとネズミ、両者の違いと共通点について紹介します。

 

 

ハムスターとネズミの違いと共通点

ハムスターとネズミの違いと共通点を見ていきます。

ハムスターもネズミも世界には数多くの種類がいますので、今回は大まかに下記のように定義します。

  • ハムスター
    • ゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスター、ロボロフスキー、キャンベルハムスターなどペットとして馴染みのある種類を「ハムスター」として定義
  • ネズミ
    • ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミといった野生で生息し、人間の生活環境でも見かけることが多い種類を「ネズミ」として定義

ざっくり言うと、ペットのハムスターと街中でちょこちょこ動いているネズミの違いについて説明するということになります。

※後でも説明しますが、日本で野生のハムスターは見かけることは稀でしょう。

ハムスターもネズミ同じ「げっ歯類 ネズミ亜目」

ハムスターもネズミも同じ哺乳類の「げっ歯類」に所属しています。

げっ歯類には、他にもペットとして馴染みがある「リス」や「チンチラ」なども含まれ、その特徴としては、伸び続ける前歯を持った動物です。

げっ歯類の中で更に分岐され、ハムスターもネズミも同じ「ネズミ亜目」に属します。(リスはリス科、チンチラはヤマアラシ亜目になります。)

ネズミ亜目から更に枝分かれして、ハムスター「キヌゲネズミ亜科」、ネズミは「ネズミ亜科」に属します。

上記までの内容を整理するとハムスターとネズミの比較は下記のようになります。

げっ歯類
ネズミ亜目
キヌゲネズミ亜科 ハムスター

  • ジャンガリアン
  • ゴールデン
  • キャンベル
  • ロボロフスキー
ネズミ亜科 ネズミ

  • ドブネズミ
  • クマネズミ
  • ハツカネズミ

ハムスターとネズミの体

上記の通り、ハムスターとネズミは近い仲間であることがわかったと思います。

続いてそれぞれの体の特徴にどんな違いがあるのか説明します。

ハムスターの体は全体的なフォルムが丸いです。そして、しっぽをとても短く丸い点のようです。

チャイニーズハムスターのようにちょっと長めのしっぽを持つ種類もいますが、基本的にはしっぽは短いです。

一方、ネズミはハムスターよりもシャープな印象です。顔もシュッとしており、しっぽが長いです。

一見分かりづらいですが、ハムスターは食べ物や巣材をため込める頬袋がありますが、ネズミにはそういった頬袋がありません。

ハムスターとネズミの生活

どちらも夜行性である点は共通です。

ただし、日本においては、ハムスターは家で飼われるペットとして飼われているのが一般的で野生化することは稀でしょう。

例えば、野生のゴールデンハムスターは乾燥した地域(シリア、レバノン、イスラエル辺り)に住んでいます。地面巣穴を掘り、一匹ずつで暮らします。

仮にハムスターを日本の野に放ったとしても、温度や気候、ペットのハムスターの生命力や身体能力、特徴を考えると生き抜くことは難しく、長生きできないでしょう。

対して、冒頭て定義したネズミは都会のような場所でも、上手く生き残れる強さを持っています。

ペットとして野生のネズミを飼うことはおすすめできません。ネズミに病原菌や寄生虫が存在している可能性があります。

ファンシーラット(ドブネズミの改良種)やハツカネズミであれば、何も野生からではなくペットとして購入することが可能ですし、上記のような病原菌や寄生虫のリスクもありません。

上記のような理由から、街中でハムスターかネズミ分からないのような動物が走っていたら、ほぼ間違いなくネズミでしょう。

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ
アンケート
当サイトについてのアンケートです。より皆さまに愛されてるサイトにすべく、皆さんのご意見をお聞かせください。 アンケートにご協力ください
RELATED POST