回し車

ハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付ける

ハーモニーホイールという回し車はご存知でしょうか。回し車が回る音自体は静かで、ホイールの隙間もなく、個人的には結構気に入っている回し車です。

そんなハーモニーホイール14をルーミィ60というケージの側面に取り付けてみた

という内容でお送りします。

 

ハーモニーホイールという回し車ですが、GEXというメーカーの商品です。

一方、ルーミィ60というケージは三晃商会というメーカーの商品です。

基本的にケージと回し車のメーカーが同一の場合は、結構うまい感じにケージに取り付けることができます。

ルーミィであれば、サイレントホイールという回し車が同一メーカーです。

下記のケージがルーミィで、ケージ中央の奥に取り付けられているのがサイレントホイールです。

三晃商会WEBページより引用

ハーモニーホイールは、グラスハーモニーというケージが同一メーカーです。

下記のケージがグラスハーモニーです。左奥に取り付けられているのが、ハーモニーホイールです。

GEX WEBページより引用

こんな具合にメーカーが同じであれば、ケージの側面(壁)に同じメーカーの回し車を取り付けることは想定された利用方法です。

がしかし、別メーカーの場合は「想定された利用方法」ではなく、メーカーに問い合わせをしても回答してくれることは多くないでしょう。

 

ハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付ける

今回はルーミィ60というケージにハーモニーホイール14を取り付けたいという事情があり、実践してみました。

上記の通り、想定された使い方ではないので、この記事をマネして、トラブルが起こったとしても、メーカー側もフォローしてくれないでしょうから、その辺は注意していただきたいです。

結論としては、ハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付けることは可能です。

取り付けることはできますが、注意点もありますので、最後までお読み頂き判断してください。

また、補足をするとルーミィ60だけでは、実現できません。ルーミィ60にホイールジョイントというルーミィ用のオプションを取り付けそこにハーモニーホイール14を取り付けます。

必要になるには下記3つということですね。

  • ハーモニーホイール14
  • ルーミィ60
  • ホイールジョイント(ルーミィ用オプションパーツ)

今回の題材である「ハーモニーホイール14」と「ルーミィ60」について少し触れます。

※ホイールジョイントについては、ルーミィ60で触れます。

ハーモニーホイール14

ハーモニーホイールとグラスハーモニー

サイズは約14cmの回し車です。サイズの詳細については、下記の通りです。

  • ホイールのみ:直径約14cm x 奥行き約10cm
  • スタンドを含む場合:幅約17cm x 奥行き約10cm x 高さ約20cm

ハーモニーホイールの利用方法ですが、3パターンほどケージに設置する方法があります。

  1. 付属のスタンドを利用する
  2. 金網ケージに固定する
  3. グラスハーモニー付属品であるホイールホルダーを利用する

上記は正規の方法です。今回はここに記載していない方法で取り付けます。

ハーモニーホイール14の詳細については下記を参照してください。

【ハムスター回し車】ハーモニーホイール14 レビュー先日紹介した「ハーモニーホイール14 」を購入しました。同メーカーのグラスハーモニーはもちろんのこと、その他のケージとも良く馴染む、ホワ...

ルーミィ60

ルーミィ60

ルーミィ60はプラスチック製ケージにしては、かなり広めなケージです。通常のルーミィ(ベーシック、ブルー、ピンク)の約倍の面積があり、高さもちょっと高めです。

サイズは下記の通りです。

  • ケージ内底部サイズ:幅54.0×奥行き38.0×高さ29.5cm
  • ケージ外側サイズ:幅62.0×奥行き45.0×高さ31.5cm
  • 重さ:2,800g

ルーミィ60の詳細については下記を参照してください。

【ハムスターケージ】ルーミィ60 レビュールーミィシリーズのひとつであり、ハムスターケージの中でも広い部類に入る「ルーミィ60」 広いのは分かっているけれども、ハムスターケ...

ルーミィ60の側面(壁)に回し車を取り付けるためには、オプションパーツが必要になります。

それが、「ホイールジョイント」です。下記画像では給水器が取り付けられていますが、回し車を取り付ける場合にも、このホイールジョイントが必要になります。

ルーミィに取り付けたマルチボトル80

下記はホイールジョイントを用いてルーミィ60に給水器を取り付けた記事です。ホイールジョイントの使い方の参考にしてみてください。

ルーミィシリーズの給水器について私は今4匹のジャンガリアンハムスターを飼っていますが、そのうち3匹のケージとしてルーミィシリーズを利用しているルーミィ愛好家です。※もう...

 

【実践】 ルーミィ60にハーモニーホイール14を取り付ける

ここからは、ルーミィ60にハーモニーホイール14を取り付ける手順を紹介します。正直そこまで難しくないです。

やることは下記2つです。

  • ホイールジョイントにハーモニーホイール14を取り付ける
  • ハーモニーホイール14を取り付けたホイールジョイントをルーミィ60に取り付ける

ホイールジョイントにハーモニーホイール14を取り付ける

まずは、ハーモニーホイール14とホイールジョイントを用意します。

ハーモニーホイール14とホイールジョイント

ハーモニーホイール14に付属している台座などは不要です。ハーモニーホイール14のシャフトを回すことで、ホイールジョイントに固定するという作業です。

取り付けるとこんな状態です。

ハーモニーホイール14をホイールジョイントに取り付け

ルーミィ60に取り付ける前にハーモニーホイール14のシャフトを横に回して、ホイールジョイントにしっかりとロックできるようにしておくのがポイントです。

ハーモニーホイール14をホイールジョイントに取り付け2

ハーモニーホイール14を取り付けたホイールジョイントをルーミィ60に取り付ける

ハーモニーホイール14をホイールジョイントに取り付けたら、ルーミィ60への取り付けをしていきます。

まずは、ホイールジョイントを取り付けられるようにルーミィ60の上蓋を取り外します。

ルーミィ60にホイールジョイントを設置できる位置は決まっているので、ホイールジョイントを設置できる「穴」の位置を確認します。

こんな感じの穴がホイールジョイントを設置できるポイントになります。

ホイールジョイント設置位置

ハーモニーホイール14を取り付けたホイールジョイントをルーミィ60の上記穴に取り付けると設置完了です。

ハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付け

完了したら、ルーミィ60の上蓋を取り付けてあげましょう。

 

 

ハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付けてみて気付いたこと

1カ月ほどハーモニーホイール14をルーミィ60に取り付けています。

この状態で実際にしばらく使ってみて、気付いたことを紹介します。

  • ハーモニーホイール14の位置がどんどん下がってくる
    • 多少高めにハーモニーホイール14を取り付けたとしても、ハムスターがハーモニーホイール14で走っているうちに取り付け位置からどんどん下がっていきます。
    • そのため、ハーモニーホイール14は低い位置で固定されることになります。高さ調整は難しいという認識です。
    • 幸いルーミィ60の場合は、ケージ自体に高さがあるため、床に擦ってしまうことはないですが、同じようなことをルーミィベーシック、ブルー、ピンクなど小さめなルーミィでやろうとするとうまくいかない可能性があります。
  • 振動音はちょっと気になる
    • 我が家の環境では多少振動音が気になりました。
    • とはいえ、スタンドで床置きした時とあまり変わらないくらいの音量といった印象です。
  • それ以外は特に差し支えない(回し車としてはちゃんと使えている)
    • 例えばルーミィ60からハーモニーホイール14が外れてしまったなどのトラブルは今のところなく、ハムスターもキチンと走れる状態です。

注意点としては、上記の通りです。

特に今回はルーミィ60とハーモニーホイール14という組み合わせでしたが、別のルーミィシリーズだったり、別ハーモニーホイールシリーズの組み合わせまでは保証できません。

 

 

 

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ

ハムスターの飼育グッズを購入するなら、楽天がおすすめです。Amazonよりも安く購入できるケースが多いです。

ハムスター飼育用品を楽天で買う理由【メリットが多い】楽天でハムスター飼育用品を買うことをおすすめします。 私はハムスターを飼い始めてからほぼ楽天で購入しています。「えっ、楽天ってシャ...

 

Amazonと楽天でハムスター用品を検索するならこちらから。Amazonは小動物カテゴリー、楽天はハムスターカテゴリーのページに遷移します。

Amazon楽天市場