ハムスターを飼ってから気になる疑問

ハムスターの寿命を伸ばすには 【健康の秘訣について】

ハムスターを飼うとその存在がどんどん愛おしい思えてきます。ハムスターの寿命は短いものでせいぜい2、3年程度です。

寿命を伸ばすとはいっても、何か劇的な対策がある訳では正直ありません。

ここに書いている内容は物凄く当たり前の話ではあるかもしれません。

しかし、その当たり前の積み重ねが、長生きに繋がります。(これまた当たり前のことですが…)

 

 

ハムスターの寿命を伸ばすには

「ハムスターの寿命=2~3年」というのは、順調に育ってくれた場合の話です。

お迎えしたばかりのまだまだ若いハムスターなのに、怪我や病気で死んでしまったなんてこともあります。

ハムスターという生物が妥当な寿命を全うできるように飼い主である私たちが管理することが最も重要です。

ハムスターの怪我と病気が短命の原因

ハムスターが短命に終わってしまう理由の多くは怪我や病気です。

ハムスターが具合を悪くしてしまうと一気に悪化して死んでしまうケースもあります。その進行の早さは我々人間とは時間軸が異なります。

また、ハムスターが怪我や病気になったら病院に連れて行くのは当たり前なのですが、ハムスターを扱う病院は動物病院でもそれほど多くはありませんし、その小さな体は手術や治療が難しい場合もあります。

そのため、如何にハムスターの怪我や病気を防ぐかが大事になります。

 

 

怪我や病気の予防と対応

ハムスターが怪我や病気にならないための「予防」、怪我や病気になってしまった時の「対応」が重要です。

怪我や病気の予防

怪我や病気にならないのがベストです。飼い主としては、未然に防ぐために予防に力を入れるべきです。

清潔で怪我しにくいケージ内の環境

ケージの中を清潔に保つようにしましょう。

細菌やカビなどが原因で病気になることもあります。

毎日オシッコで汚れたトイレの砂や床材、食べ残しなどは処分します。それ以外にも巣箱や回し車などが汚れていることもありますので、もし汚れていれば拭き取るなどしましょう。

週1、2回程度の間隔で床材やトイレの砂は総入れ替えしましょう。

月一度はケージをお湯で丸洗いします。

汚れ過ぎた飼育グッズは、ケチらず捨ててしまうことも時には必要になります。

特に木製のアイテムは洗いづらく消耗品くらいに思っていた方が良いかもしれません。

ケージは怪我のリスクがないものを選びましょう。

ハムスターがよじ登ってしまうケージは落下して怪我をするリスクがあります。

金網のケージだとハムスターがよじ登るほか、噛み続けることで嚙み合わせが悪くなってしまう「不正咬合」に至るケースがあります。

遊具として有名な回し車も走行中に足を挟んで怪我をしてしまうリスクがあるものは避けましょう。

適切な温度管理

ハムスターが快適だと思える温度で飼うよう心がけましょう。

私の場合は、20~26℃程度(多少誤差あり)くらいの基準で考えておくようにしています。

重要なのは「温度管理」です。

夏に温度を下げること、冬に温度を上げることが目的になってしまわないようにしましょう。

ただの「温度の上げ下げ」は温度管理とはいえません。

最も簡単な方法は「エアコン」で温度管理することです。何もせずとも温度がだいたい一定に保たれますので、こんな心強い武器は使わない手はありません。

エアコンの電気代は確かにネックですので、「適切に」ペットヒーターや冷却グッズを使うのであれば問題ありませんが、キチンと温度管理をしようとすると、思いのほかお金が掛かることもあります。

栄養バランスの良い食事

日々の食事はハムスターの健康に直結しますので、好物だけではなく栄養バランス良い食事を与えるが大切です。

栄養バランスが良い食べ物の代表例はペレットです。

ペレットにはハムスターに必要なタンパク質や脂質、繊維質などが入っています。

ペレットを中心に野菜や穀物、時折果物や種子などを与えます。

水分は野菜からでもとれますが、給水器を設置して新鮮な水をいつでも提供できるようにします。

ストレスを与えすぎない

上記で紹介したハムスターのお世話は多少ハムスターにとってストレスが掛かってしまいますが、健康のことを考えれば優先すべき事柄なので、避けられません。

ハムスターが起きている時間帯(具体的には夕方・夜)にお世話するなどするように配慮する必要はあります。

こういった有益なお世話以外にも、ハムスターを触り過ぎたり、寝ているところを無理やり起こすなどの行為は極力避けるようにしましょう。

ストレスとは一言いっても難しいかもしれませんが、ハムスターが安心して休んだり、動いたりできる環境を作り上げることは最低限の目標にしても良いでしょう。

ハムスターに怪我や病気になった時の対応

ここまでで紹介した内容を実践することで、ある程度怪我や病気になる確率を低下させることはできません。

とはいえ、絶対に怪我や病気にならないわけではありません。

怪我や病気に気付くことも重要

ハムスターは怪我や病気が分かりにくい動物です。たとえ病気を抱えていたとしても平然とした様子で過ごしているなんてことも珍しくありません。

仮にハムスターの怪我や病気になったとしても、速やかに対応すれば命を繋ぎとめることもできます。

怪我や病気の処置は医師の仕事かもしれませんが、「気付くこと」は飼い主にしかできません。

ハムスターの体を見て異常がないか確認する、排泄分を見て異常がないかなど日々確認するようにしましょう。

 

 

さいごに

上記で紹介した極々当たり前のことの積み重ねがハムスターの寿命を伸ばす秘訣です。

ハムスターが長生きすれば、幸せな時間は長いこと楽しめます。是非参考にしてみてください。

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ
RELATED POST