ハムスターの温度管理

【失敗しない】ハムスターを飼育する温度

ハムスターの飼育する際、「温度」は重要です。人間とハムスターが快適に感じる温度は似ています。特に「夏」と「冬」は注意が必要でして、我々人間と同様、気温的には厳しい季節です。

ハムスターはケージの中から生活しますので、温度的に過ごしにくくても身動きができません。最悪の場合、命を落とすこともあるので、理解しておく必要があります。

この記事ではハムスターの過ごしやすい温度についてお伝えしていきます。

 

 

ハムスターを飼育する温度

ハムスターの過ごしやすい温度

ハムスターを飼育する温度について、お伝えします。結論、下記の温度を維持できていれば、温度起因でハムスターの命に支障をきたすことはないでしょう。

ハムスターを飼育する温度 = 20~26℃

ちょっと補足させて頂きます。ハムスターを飼育する際の温度として、「±6℃」差がありますが、私の場合は、「夏」と「冬」で基準値を少し変えています。

  • 冬の温度:20℃以上
  • 夏の場合:26℃以下

当たり前の話ですが、冬場に26℃まで温度を上げようとすると光熱費に響いてきますし、部屋が乾燥し過ぎたり、加湿器を付けても結露しやすいですし、中々大変です。

 

 

温度が適切でないことによる病気

なぜ温度管理が必要なのか?ハムスターが快適に過ごせるようという意味もありますが、病気も怖いです。

温度管理が適切でないために起こりえる病気は主に下記の2つです。

  • 熱中症
  • 低体温症

これらにより最悪は命を落としかねないので、ハムスターを飼う温度には注意が必要ということです。

 

 

ハムスターを飼育する温度に保つには

ハムスターを飼育する温度に保つには

ハムスターを飼育する温度がどのくらいの目安か紹介しました。では、その温度を保つにはどうしたら良いでしょうか。

ハムスターを飼育する温度を管理する方法を以降で紹介していきます。

夏冬の温度はエアコンで管理する

夏冬の温度はエアコンで管理する

住んでいる地域や住んでいる建物内の室温状態にもよりますが、夏や冬をエアコン使わずハムスターを育てるのは「ハードモード」だと思っています。(特に冷却器具や保温器具や環境が整っていないハムスターを飼い始めたばかりの人にとっては)

逆にエアコンを使えば、簡単に室温そのものがハムスターにとって適切温度になるのでイージーモードです。

インターネット上には、エアコンを使わない工夫が紹介されていたりしますが、まずは普通にエアコンを使った方が良くて、工夫してみるのはそれからでも遅くはないです。

節約したところで、金銭的にもハムスターが死んだり、病気になってしまったもっとお金が掛かります。飼い主はハムスターの命を預かっている立場なので、無理のない飼い方を心がけましょう。

ハムスターを飼う部屋とケージを置く場所

エアコンで温度を調節するとお話しました。ただエアコンを使えば良いのではなく、重要になってくるのが、ケージを置く部屋と部屋のどこにケージを置くかです。

ケージを置く部屋

ハムスターを飼う部屋は結論、リビングか生活する中で良くいる部屋が良いでしょう。なぜなら下記の条件を満たしていることが多いからです。

  • 温度変化が少ない
  • 日の光が差し込む
  • 風通しが良い

一般的には、過ごしやすい位置にリビングはあると思いますし、人がいる部屋の方がハムスターに万が一のことがあった時に気付きやすいです。エアコンを使うにも節約できます

逆にNGな部屋は下記でしょう。あまり条件的に良くないですよね。

  • 廊下
  • 玄関
  • キッチン

ケージは部屋のどこに置くか

リビング等の過ごしやすい部屋にハムスターケージを置くことになりますが、ポイントは下記です。

  • 直射日光が当たらない場所
  • エアコンの風がハムスターに当たらない場所
  • うるさくない場所
  • 部屋の隅(可能であれば)

最後の「うるさくない場所」、「部屋の隅」は温度とはあまり関係ないですが、ハムスターにとって、テレビが間近にあったり、ケージを部屋の中央に置かれたら過ごしにくいのでリストアップしました。

また、ハムスターケージは部屋の床に直で置くと、底冷えするので、あまり高すぎない棚の上に置いた方が良いです。

温度計で温度を確認する

当然のことながら、エアコンを使い、ハムスターが過ごしやすいところにケージを置いたとしても、ハムスターが過ごすケージの温度が適切でなければ意味はありません。ということで、「温度計」の出番です

おすすめはデジタルの温度計です。ケージ付近に置くことで、ハムスターが生活している空間の温度を計測します。より、詳細に温度を計測したい場合は、テープで固定できるタイプの温度計もあるので、そういったモノを利用するのも良いでしょう

この記事では、まずはエアコンで温度管理することをおすすめしていますが、特に冬場はヒーターの種類もそれなりに豊富ですし、断熱材などと組み合わせることでエアコンを節約することは可能です。

ヒーターや断熱材の利用は、簡単にいうと「ケージ内の温度管理」になりますが、エアコンと違いボタン1つで気軽な温度調整ができないです。

感覚に頼らずケージ内の温度計測し、適温であることを確認するようにしましょう。

 

 

さいごに

飼い始めたばかりの方は、エアコンで温度調節することと、ケージを置く場所を最適化することをおすすめします。

節約したり、工夫することで、ハムスターが過ごしにくくなってしまうこともあります。そういったことは、エアコンを使いつつ、様子を見ながら少しずつ試してみるようにすると良いでしょう。

冬場であれば、ヒーターも気になるところでしょう。ヒーターについては、こちらの記事がおすすめです。

【ハムスター ヒーター】フィルムヒーター レビュー先日、「シートヒーター」というケージを暖めるヒーターを購入しましたが、使い勝手が良かったため、使っているケージ分、ヒーターを購入すること...
【ハムスター ヒーター】シートヒーター レビュー昨年までハムスターの防寒はエアコンと湯たんぽに頼っていましたが、やはりエアコンは電気代が高く、湯たんぽも温度が一定という訳にもいかないの...

もし、より効率的に温度管理をしたいのであれば、ちょっとした家電を取り入れてみるのもおすすめです。

【ハムスター 温度管理】 留守中であってもヒーターを制御するハムスター用ケージヒーターをお持ちの方は多いと思います。ヒーター自体が低価格ですし、消費電力も小さく電気代もエアコンと比較するとかなり抑...
ハムスター飼育環境の温度管理を自動化するこの記事はそのタイトル通り、ハムスターを飼っている部屋の室温管理を自動化してみるという内容についてお伝えしていきたいと思います。 ...
温度計測
温度、湿度の可視化は人間とハムスターにとって良いことしかないハムスターの飼育環境の温度や湿度情報を可視化することにより、電気代を下げつつも、ハムスターに快適な住環境を提供することに繋げることができ...
ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ
RELATED POST