【ハムスターの餌】ペットショップがおすすめする餌は良いのか?!

ペットショップがおすすめする餌について考えます。皆様はペットショップで餌を購入していることが多いでしょうか?

例えばハムスターをペットショップでお迎えして、そこで利用していた餌をそのまま使うと初期の飼育はスムーズです。

ですが、ペットショップでおすすめする餌の中には、いわゆる「ミックスフード」も存在しますので、長期的な利用はあまりおすすめできない場合があります。

 

 

ペットショップでおすすめされたハムスターの餌って本当にいいものなのか

私は基本的にペットショップがおすすめする物を盲目的に使うことは推奨しません。

ペットショップの店員も超絶詳しい方もいらっしゃいますし、的確なアドバイスをくれる方もいますが、むやみに「ペットショップの店員がおすすめ」したものだからと餌を買ってしまっては、あんまり良くない商品を掴むことに可能性もあるからです。

特に今回の記事である「餌」は注意しましょう。

ペットショップ行った時にのケージにいるハムスターの餌を見てみましょう。

私がよく行くペットショップでは、「ペレット」と「野菜」と「穀物」がブレンドされたミックスフードを使っていることが多いです。

そして、ミックスフードをおすすめされることも多いです。

「ミックスフード」についてよく分からないという方がいるかもしれません。

丁度手持ちであったので、下記を例します。

 

 

上記商品の原材料と保証成分がこちらです

<原材料>

ペレット(総合栄養食)2種、乾燥野菜(にんじん、キャベツ、セロリ、かぼちゃ、赤パプリカ、緑パプリカ、紫イモ、トマト)、コーンフレーク、エンバク(剥き)、ドライフルーツ(バナナチップ、パパイヤ)、アップルファイバーペレット、牧草ペレット3種、そばの実(剥き)、レッドレンテル、グリーンスプリットピース、豆腐、穀物パフ(白米、もち黒米、もち赤米、たかきび、はと麦)

<保証成分>

粗たんぱく質:16.9%以上、粗脂肪:3.9%以上、粗繊維:4.0%以下、粗灰分:4.9%以下、水分:9.8%以下

ペレット+野菜+穀物などで構成されています。種子など太りやすいものも入ってません。ミックスフードですが60%以上のペレットです。

保証成分も悪くないです。しかし、粗タンパク、粗脂肪はやや低めですし、成長期向けの餌に適しているとは言い難いとは思います。(粗繊維も若干低めでしょう)

保証成分に関してはおそらく、ペレットで基本的なパラメータを確立しています。そして野菜のみならず、少量豆腐なども入っており、不足している粗タンパク、粗脂肪の後押しをしているのかなと推測します。

ザっと、袋から取り出しました。

確かにペレットが圧倒的に多いですね。

品質面で問題があると言いたいわけではありません。

しかしミックスフードって圧倒的に使いづらいのも事実です。

理由を以降で説明します。

 

 

ミックスフードが使いづらい理由

ミックスフードを与えると、ハムスターは嗜好性の高い物ばかりを優先して食べてしまうことが多いです。

上記で紹介したような商品だと、野菜や穀物ばかりでお腹を満たし、ペレットを残すことが多くなってしまいます。

ペットショップの多くはハムスターを「多頭飼い」(1ケージに子ハムが複数いる)をしています。そのため、餌皿にミックスフードをドサッと盛っているケースもあります。

ハムスターを自宅にお迎えして、ペットショップでおすすめされたミックスフードで同じ様に「ドサッと盛る」と高確率でペレットを残すハムスターになります。

こちらの写真を再掲します。下記で2.5グラム弱です。

この量で2.5グラム

 

ちょっと少なそうなので「もうちょい盛ってしまう」方も多いのではないでしょうか?

更に良くないのは、ペレットを食べるまで我慢して待つのではなく、ミックスフードを足してしまうことです。

(食べ残しをそのままにしておくのは良くないですし、悪いという訳ではありません。)

そうする下記のような悪循環に陥り、ハムスターがペレットを食べない問題に繋がってしまいます。

こんな流れです。

ミックスフードを餌皿に盛る

ハムスターが野菜や穀物などばかり食べる

食べ残しを捨ててミックスフードを餌皿に追加で盛る

またしても、ハムスターが野菜や穀物などばかり食べる

飼い主ペレット食べないと悩む

また、ミックスフードの場合、ペレット単体の保証成分も良く分からないです。だったら早めの段階で、ペレットに完全切り替えする方が良いです。

 

 

おすすめする餌の与え方

まずはハムスターに与える餌について整理しましょう。

私個人の主観も含まれていますが、ハムスターに与える餌とその位置付けは下記の様に言われていることが多いでしょう。

ハムスターに与える餌
  1. 主食:ペレット※
  2. 副食:野菜
  3. たまに与えるもの:穀物、果物、動物性たんぱく質、種子など

※ペレットは野菜や種子などのミックスされていないペレットのみのことを示します

お迎えしたばかりのハムスターへの餌の与え方

「②副食」、「③たまに与えるもの」というカテゴリーを嫌がるハムスターはそういないので、①を食べてもらうことを意識することをおすすめします。

よって、用意する餌は基本的に「ペレット」と「野菜」で十分で、適宜「たまに与えるもの」を買い足します。

野菜を買わない飼い主の方もいるでしょう。そういった方には割高にはなりますがペット用の乾燥野菜をおすすめします。

※原材料に余計なものが入っていないものを推奨します。

上記が基本になりますが、ハムスターをお迎えして2,3日間くらいはペットショップで購入したミックスフードを使うこともあります。

理由は、初っ端からペレット単体だけ入れても食い付きが悪いのと、環境が変わりハムスターにもかなりストレスが掛かっているため、慣れたものの方が良いかなという判断です。

ただし、その後は、ペレットをメインに切り替えます。意識的にペレットをご飯だと認識させることに注力します。

この時に副食やたまに与えるものでお腹を満たし過ぎないようにしましょう。

「餌で釣る」ではないですが、ハムスターとコミュニケーションを取る上でも副食やおやつは便利です。

「ペレットを食べさせることを意識しているフェーズ」で注意したいのが、ハムスターがペレットを食べている事実に飼い主が気が付かないことです。

お迎え初期は体を大きくしたいので、ペレットを盛りがちにしてしまうことが、ペレットを食べた事実に気付きにくいさせているのです。

ペレット山盛りでも構いませんが、「与えたペレット量」と「食べたペレット量」比較して事実確認をすると解決できます。

方法は簡単です。下記の通り実施すればいいだけです。

  1. 与えたペレット量をキッチンスケールなどで計る
  2. 一夜明けた次の日に食べたペレット量を計る

ペレットを食べることに慣れたら、ペレットと野菜を両方盛ってもどちらも確実に食べてくれるはずです。

ペレットに慣れてからの餌の与え方

餌量については、5%~10%程度とよく言われます。

ただし、経験的に「5%」は少なめだという認識です。体重が低下してしまうケースもあります。

極端に太ってしまった子を除くと5%では少ないです。ましてや若い個体に対してはやり過ぎかなと考えます。

※5%のペレット量は手に取るとわかりますが、メチャクチャ少ないです

5%~10%という数字は意識しつつも、山盛り与えても良いかなと個人的には思っています。

この場合、注意点としては太る可能性が高くなるということです。そのため、普段与えている餌量がどの程度か把握し、その結果どの程度体重の増減があったか知っておく方がベストです。

 

 

さいごに

ペットショップがおすすめする餌そのものが悪いという訳ではありません。

ただし、おすすめされた餌がミックスフードだった場合、少し使い方に気を付けた方が良いでしょう。

上記の通り、ペレットを食べないと悩むことになりがちだからです。

もちろん、ペットショップで使っていた餌などはお迎えしたてのハムスターにとって馴染みある食べ物なので、持っておくこと自体は良いことですが、「主食=ペレット」を意識することをお忘れなく。

 

ネット通販でハムスターの飼育グッズを買うなら楽天がおすすめ

ハムスターの飼育グッズを購入するなら、楽天がおすすめです。Amazonよりも安く購入できるケースが多いです。

ハムスター飼育用品を楽天で買う理由【メリットが多い】楽天でハムスター飼育用品を買うことをおすすめします。 私はハムスターを飼い始めてからほぼ楽天で購入しています。「えっ、楽天ってシャ...

 

Amazonと楽天でハムスター用品を検索するならこちらから。Amazonは小動物カテゴリー、楽天はハムスターカテゴリーのページに遷移します。

Amazon楽天市場